第一公報社 校長講話集・新刊案内

熊本地震[2016年(平成28年) 4月14日(木)21:26, 4月16日(土)1:25]の早期復興を祈り
東日本大震災[2011年(平成23年) 3月11日(金)14:46:18] 忘れず ともに歩む
阪神淡路大震災[1995年(平成7年) 1月17日(火)5:46:52] 生かそうあの日の教訓
関東大震災[1923年(大正12年) 9月1日(土)11:58:32] 9月1日は「防災の日」
允恭(いんぎょう)地震[416年(允恭5年) 7月14日 大和国/現・奈良県明日香村]『日本書紀』にある日本初震災記録

お知らせ

2018年4月1日より、運送会社の運賃値上げに伴い書籍送料(国内)を下記のように変更させていただきます。

・1冊のご注文:100円〜300円(税込)
(各書籍の送料に関してはFAXご注文用紙[PDFファイル]をご参照ください。)
・2〜4冊のご注文:それぞれの合計
・5冊以上又はセットのみ・セットを含むご注文:送料無料

※送料は商品同送の請求書に記載

平成30年度『小学校時報』は下記のように価格改定されました。

年間購読料(送料含む)(平成30年4月号より)
・一括送誌の場合: 税込3,648円 [現行3,204円]
・各校別送誌の場合: 税込3,816円 [現行3,372円]
《誌代価格(税抜) 現行195円を230円に改定》

※不明点は、弊社または全国連合小学校長会までお問い合わせください。

第一公報社は、全国連合小学校長会機関誌『小学校時報』発行所等として、昭和27年より教育出版に従事しています。

各種校長講話集は、長年にわたり、特に好評を頂いております。
校長の講話は、子どもや教師の心を揺さぶり、その学校の全教育活動を方向付け躍進させていく原動力にもなります。
弊社書籍が、よりよい学校教育・経営への一助となれば幸いです。

『小学校時報』『教育研究シリーズ』『全国特色ある研究校便覧』のご注文も書籍案内とご注文のページ等で承っております。

話題書

明日を創る学校経営T
校長の力は『話す力・聞く力』で決まる

早稲田大学教職大学院客員教授/開智国際大学教育学部准教授/前全連小機関誌委員会委員長
遠藤真司 著

B5判 20ページ 定価300円(税込) 送料100円
ISBN: 978-4-88484-331-1 C3037

 
  『校長の力は『話す力・聞く力』で決まる』
校長として多忙な毎日の中で何を大事にしていくか。
「言葉の力」である。
校長の言葉一つで教職員は変わる。
その話を聞く姿勢に信頼が生まれる。

耳は二つ 口は一つ よく聞き 語れ

経営書

平成の学校歳時記 −続 日本の学校のチカラ−

帝京大学教職大学院教授/全国連合小学校長会顧問
向山行雄 著

A5判 338ページ 定価2,376円(税込) 送料300円

詳細目次別ウィンドウで開きます
  『平成の学校歳時記』
そもそも学校という空間は牧歌的なところである。
歳時にひたり悠久の時間の流れに身を任せる。
多くの日本人は自らの学校体験を懐かしさと少しのはかなさとともに思い出す。
歳時記というややレトロな書名にしたのは、学校が本来もつべき牧歌性への憧憬からである。
学校は人でもつ。学校は人が出会い精励し、佳き教師、佳き保護者となる。佳き学校となれ。

【目 次】
  1. 学校歳時記 ー春から冬への1年間の景色ー
  2. めざせ教育管理職 ー冬から秋への1年間の修業ー
  3. 変化する社会と教師
  4. 変化する社会と学校
重版

校長解任 Before&After 教職キャリアアップ

元全国連合小学校長会長/元千代田区立麹町小学校長 角田元良 著

A5判 172ページ 定価1,620円(税込) 送料200円

詳細目次別ウィンドウで開きます
  『校長解任』
20代〜各年代の教職に於けるキャリアアップ。
校長職に就く前と後、各年代でしてきたこと、しておきたいことを、経験知から語る。

【目 次】
  • 50代のキャリアアップ 人生は後半が面白い
  • 20代のキャリアアップ 駆け出し教師は子どもの声を聴け
  • 30代前半のキャリアアップ 自分の可能性に挑戦するとき
  • 30代後半のキャリアアップ 限界に挑む
  • 40代前半のキャリアアップ 専門家への道を開け
  • 40代後半のキャリアアップ いばらの道を切り拓け
  • 60代以降のキャリアアップ 人生これからが面白い
  • 中央教育審議会との関わり 朝食を学校で
  • 全国研究大会の舞台裏・表 全国連合小学校長会長の仕事
  • 『小学校時報』巻頭言 ネタ探し
  • 河合隼雄文化庁長官との対談 心をはぐくむ 新春対談
回顧録

子どもの教育と大人の役割
〜校長のささやき〜

元公立中学校長 大北温通 著

A5判 454ページ 定価2,500円(税込) 送料200円

詳細目次別ウィンドウで開きます
  『子どもの教育と大人の役割』
教育改革全盛期の時代、その時代に翻弄されず、本質を見失わないことを信条に、子どもたちと向き合ったある公立中学校長の「教職人生回顧録」。

【目 次】
  • 学校生活
  • 生徒(生活)指導
  • 社会の変化と教育の変遷
  • 学校の防災・防犯教育
重版

平成の学校づくり −日本の学校のチカラ−

帝京大学教職大学院教授/元全国連合小学校長会長
向山行雄 著

A5判 204ページ 定価2,160円(税込) 送料200円

詳細目次別ウィンドウで開きます
  平成の学校づくり
「平成の校長学」とは打算的方途でなく、自分のもてるチカラを使って局面を改善する方途。スクールリーダーが大局観をもってぶれず経営観を磨く一助とならんことを願い。

【目 次】
  1. 危機に備える
  2. 教育資源を生かす
  3. 投資対効果を実現する
  4. 日本の教育を提言する
  5. 学校のブランド力を高める
  6. 戦略的思考として発信する
最新版

教育研究シリーズ第55集(最新版)
『新たな知を拓き[生きる力]を育む学校経営T』

全国連合小学校長会 編

A5判 202ページ 定価1,950円(税込) 送料300円

詳細目次別ウィンドウで開きます
  教育研究シリーズ第55集
2017年度最新版第55集は、次期学習指導要領改訂を見据え、「カリキュラム・マネジメント」の確立や、「道徳教育」「外国語活動の教科化」に焦点を当て、学校経営の現場における「知の指針」となるよう編集。
今日的な教育課題に挑む各地区推薦校の貴重な提言・実践事例集。

【目 次】
序  論: 新たな知を拓き[生きる力]を育む学校経営
序  章: 「新たな知を拓き[生きる力]を育む学校経営」への提言
第1章: これからの社会を生きるために必要なキー・コンピテンシー(OECDにおける主要能力)を育成する学校経営
第2章: カリキュラム・マネジメントの確立を目指す学校経営
第3章: 次期学習指導要領改訂を見据えた学校経営
第4章: これからの教育課題に挑む学校経営

復刻版

教育研究シリーズ第1集(復刻版)
『事例集 経験の生んだ校長学』

全国連合小学校長会 編

A5判 404ページ 定価2,160円(税込) 送料300円

内容案内別ウィンドウで開きます
  [復刻版] 教育研究シリーズ第1集
校長先生が小学生の時の校長先生の立ち姿がここに。
今はどう変わり、どう変わらなかったかを読み解く。

半世紀前の先輩校長の赤裸々な珠玉の記録130篇。
これは知っていてよかった。
これを知らないで不利をこうむった。
これだけは知っていて欲しい。
との切なる願いを込めて編集された昭和37年(1962年)刊の名書が今よみがえる。

※当時の活版印刷の本文文字で復刊。

記念号

教育研究シリーズ第50集 記念号
『知識基盤社会における学校経営』

全国連合小学校長会 編

A5判 238ページ 定価1,944円(税込) 送料300円

目次別ウィンドウで開きます
  教育研究シリーズ第50集記念号
『教育研究シリーズ』は、全連小が昭和37年から累年編集刊行の叢書。
常に教育の基本に関わる問題を見据え、今日的課題解決のための実践論文集として、全連小会員の学校経営と教育の充実向上に大きく寄与しつつ第50集を迎えた。

【目 次】
  • 記念特集・対談三部作

    シリーズからみえる学校経営
    社会の変化と学校経営の課題
    学校経営への期待とシリーズの役割

  • 教育研究シリーズのあゆみ

    各巻のキーワードからその時代の教育史がみえる

  • 提言・実践
    序  章: 知識基盤社会における学校経営の展開
    第1章: 創意ある教育課程
    第2章: 学校の組織力を高める経営戦略
    第3章: 家庭や地域の教育力を生かした学校経営の展開
    第4章: 豊かで安心できる学校数育の展開と学校経営の戦略
    第5章: 新しい教育課程に主体的に挑戦する学校経営の戦略

最新版

平成28・29年度版『全国特色ある研究校便覧』

全国連合小学校長会 編

A5判 160ページ 定価980円(税込) 送料100円

  平成28・29年度版『全国特色ある研究校便覧』
全国に先駆けて先進的な研究実践を重ね成果を収めている240校の経営実践を紹介。
全国から推薦された創意と熱意のある研究校を観点別に収録した研究交流の案内書。

【観 点】
  1. 学校経営
  2. 教育課程
  3. 教育活動
  4. 施設・設備・教育環境

薀蓄本

学校ものかたり もの・ことの謂れを語る

日向野一生 著

新書判 128ページ 定価1,404円(税込) 送料100円

書評別ウィンドウで開きます
  学校ものかたり
教育とは、不幸せにならないための最低限の知恵を授けることという。よって生業の業を授ける「授業」となる。俗的に言えば、人とのお付き合いのための「国語」があり、買い物でおつりを間違えないために「算数」があり、新たなる便利なものづくりのために「理科」があり、同じ過ちを犯さないために「社会」があり、笑顔のために「音楽」がある。先人の幸せになるための知恵が凝縮されているのである。その学び舎である「学校」というものを、もう一度見つめなおしてみたい。との思いからこの本を上梓するに至った。(「まえがき」より)

【目 次】
  • Part1 学校の始まりといま

    小学校の誕生/学校の語源/寺子屋/よみ・かき・そろばん/最初の学校制度・「学制」/教育勅語/教育基本法/学校制度の変遷/入学式と卒業式/早生まれと遅生まれ/時間割/尋常小学校と国民学校/教科書の歴史/教師と教員/校長/職員会議/PTA ほか

  • Part2 学校の仕組みとなかみ

    教科/通知表/校章/校歌/校舎/校庭/教室/黒板/チャイム/教室の掃除/鉛筆/万年筆/謄写版/大学ノート/ランドセル/学生服/セーラー服/学生帽/遠足/修学旅行/運動会/万国旗/夏休み/冬休みと春休み/給食

週案助言集

詩文集 風のまなざし 〜子どもウォッチング〜

元東京都府中市教育委員会教育長 新海功 著

A5判 390ページ 定価2,571円(税込) 送料300円

  コミュニティ・スクールをめざして −児童・地域参加型の改築・改修−
「素直な目」「純真な心」から生まれる「子どもの心の良さ」を綴った心温まる“詩文集”(詩と教育助言)

子どもの姿を詩に託し、子にかかわる人への助言となす

――――――――――
本文より

「そうじ」
ほうきではく少女
つくえをはこぶ少女
ぞうきんをしぼる少女
ふざけている者がいても
さぼっている者がいても
だまってそうじをしている
そんな少女を見るのが好きだ

 掃除というと、すぐに鮮明に思い出す子がいる。教育実習時に出会った、この詩の少女である。
 この詩の少女は、何故かみんなから「もっちゃん」と呼ばれていた。小柄で明るい子だったが、どちらかというと目立たない子だった。
 ところが、掃除の時間のもっちゃんの活躍ぶりは、実に見事だった。
(中略)
 掃除は、つまるところ、自分自身の心を磨いているようなものではないだろうか。雑巾で机の上を拭きながら、自分の心を拭いているといったことではないだろうか。確かにその場所や物をきれいにしてはいるが、それには自分の心をきれいにしているといった、精神的な面がある。
 もっちゃんは、将来働き者のいいお母さんになると思った。掃除といえばお母さんという連想は、当時のわたしの貧弱な思考パターンを物語っているのかも知れないが、正直そう思った。
 残念ながら、もっちゃんのその後をわたしは知らない。

重刊

子どもたちのみえる風景 −おはよう校長 12年のあゆみ−

元千葉県八街市校長会長 林 修三 著

A5判 224ページ 定価1,944円(税込) 送料200円

書評別ウィンドウで開きます
  子どもたちのみえる風景 −おはよう校長 12年のあゆみ−
教職の道をただひたすらに歩んで来た校長の学校経営言行録である『たより』『通信』を年次ごとに掲載した指導職・管理職必読の書

校長こそ最大の情報者であれ
PTAの組織づくりと活性化
校長室からのメッセージ
姉妹校交流が与えるものを信じて

入門書

教師への道 −若き先生へ伝えておきたいこと−

元東京都渋谷区立神南小学校長 米山節男 著

四六判 300ページ 定価1,944円(税込) 送料200円

書評別ウィンドウで開きます
  教師への道 -若き先生へ伝えておきたいこと-
日本連合教育会 東京都教育会 推薦図書

教育の原点は[教師の力量]
若い先生の指針となる本「学校とは」
先生への良い手引書であり教育学の入門書
具体的で問題解決に必要な箇所がすぐ見つかる教育実践の百科事典
新任校長、初任者研修にとっても貴重な管理職の活用書
先生への良い手引書であり教育学の入門書
若手教員には一からの基礎基本、ベテラン教員には歩みを振り返る自己点検に最適

話題書

二学期制 【重版】

元東京都東村山市立化成小学校長 島村正勝 編著
(東京都公立小学校で初の導入校)

四六判 160ページ 定価1,620円(税込) 送料100円

書評別ウィンドウで開きます
  二学期制 2002年4月より、宮城県仙台市の全小・中学校で「二学期制」が導入された。
2003年度からの完全学校週五日制下、真のゆとりを生みだし、学力を保障する学習形態を作るための有効な一手段として「二学期制」がある。
都・公立の初導入小学校からの現場報告。

【目 次】
  • 二学期制の導入
    • 「させられる学習」から「する学習」「したい学習」
  • 導入の契機と内容
    • 「めあてカード」と三者面談
    • 新しい評価
    • 二学期制のメリット・デメリット
    • 導入上の課題
    • 「学級通信」からみる二学期制への対応(六年生)
  • 二学期制Q&A
    • なぜ、今、二学期制なのか
    • 「新教育課程通信」Q&A(保護者へ)
    • 課題への対応は?
    • 通知表の改訂
    • 学校の判断でできるの?
ページ先頭へ
Copyright © daiichikouhousha Corporation All rights reserved.